阪神「芦屋」駅徒歩1分のメディカルフィットネスジム

脊柱管狭窄症

僕が担当している1人の患者様について紹介したいと思います。

その方は60歳代の女性の方で、長年腰の痛みと太ももの外側の痺れ、痛みに悩まされており、脊柱管狭窄症と診断されておりました。
その後、電気治療やホットパックなどの物理療法をずっとしておりましたが、症状はいっこうに改善せず。。

そんな時にラックスのホームページを見つけ、当施設に来られました。
初めて見た時、その方の姿勢はすごく体が前かがみになっていて、その影響で足腰の痛みが出ていることに気付きました。 
体験で姿勢改善の運動を行い、症状がマシになったと喜ばれておりました。
しかし、この姿勢はすぐに戻ってしまう為、「一緒に根本から治そう」と想いを共有し、そしてラックスでの運動が始まりました。

運動習慣がなかったり運動は苦手とのことで心配しておりましたが、その人合った運動を提供し、一生懸命して下さりました。
その甲斐あり、現在では足腰の痛みはかなりよくなりました。そして、「もっと綺麗な姿勢で安全に歩けるようになりたい」と次の目標ができました。

今はその目標に向かって、運動を続けられております。
これからもその人の人生がより良いものになるよう僕も全力でサポートしていきます!

ラックスはいいだ内科クリニックに併設しておりドクターと連携を取っております。
医師の診断を基に、生活習慣病の改善や予防が可能となります。

理学療法士 丹治洸太

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

変形性股関節症

運動習慣はガンの予防

ゴルフ

PAGE TOP