阪神「芦屋」駅徒歩1分のメディカルフィットネスジム

運動習慣はガンの予防

はじめに、運動やスポーツに生活活動を含めた身体活動量が多いほど、がん発生リスクが下がる理由については、明確なことはわかっていません。
しかし、運動によりがんにかかるリスクが低下する研究結果が、多く出ています。
現時点で考えられていることは、体を活発に動かすことでインスリン抵抗性が改善されることが、がん予防のカギになっているのです。

また、運動により腫瘍の増殖作用や、異常細胞の自滅の抑制作用をするインスリンやインスリン様成長因子の血液中の放出量が少なくなることにより、発がんリスクが下がるとされています。
がん予防のための運動は、「適度な運動」がおすすめです。
激しい運動を習慣化すると、体内の活性細胞を傷つけて、がん化を促す可能性があります。

これまで運動やスポーツの習慣がなかった人が急に始めると、けがをしたり、長続きしなかったりします。
まずは軽い運動や活動から始めて、自分のライフスタイルに合った時間や種類を選びながら、無理なく継続できるようにしましょう!

いいだ内科クリニックでは医師による、栄養指導も行っています!是非一度お話を聞いてくださいね!

ラックスはいいだ内科クリニックに併設しておりドクターと連携を取っております。
医師の診断を基に、運動を行うことで、生活習慣病やがんの改善予防が可能となります!

メディカルパーソナルジム芦屋 飯田翔気

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

生活習慣病にはパーソナルトレーニングが必要です

座りっぱなしは生活習慣病の元

高血圧を予防しましょう!〜運動編〜

PAGE TOP